寄与分

寄与分とは

寄与分とは、相続人に相続財産の維持や増加に特別の貢献があった場合、相続財産の一定割合又は金額を相続財産から控除し、これを当該相続人が相続分とともに受け取ることのできる制度をいいます。

1 寄与分権者

寄与分権者は相続人に限定されています。

2 寄与分の要件

(1)寄与行為

寄与行為として、①被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、②被相続人の療養看護、③その他の方法のいずれかがあることが必要となります。

(2)特別の寄与であること

寄与行為は、被相続人と相続人の身分関係に基づいて通常期待される程度を越える貢献であることが必要です。
そのため、夫婦間の扶助義務、親族間の扶養義務・互助義務の範囲内の行為は、特別の寄与にならないとされています。

(3)被相続人の財産の維持又は増加があったこと

被相続人の財産の維持又は増加という経済上の効果をもたらしたことが要求され、精神面での援助や協力があっても寄与分は認められません。

3 寄与分の算定

寄与分の算定については、いくつかの類型に分類し、類型ごとに適した算定方法により算出するのが相当とされています。
寄与分の類型には、①家事従事型、②出資型、③療養看護型などがあり、類型ごとにどのように相続財産の維持・形成に寄与したと評価できるかを考え、寄与分について算定していくことになります。

寄与分を定める手続き

1 協議

寄与分は、まずは共同相続人間の協議によって定められることとされています。
協議の結果について必ずしも書面を作成する必要はありませんが、後日の紛争を避けるため、協議の結果は書面に残すのが望ましいといえます。

2 調停

寄与分について協議により決めることができないときは、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。
遺産分割について家庭裁判所で調停が行われているときは、寄与分を定める調停も同じ裁判所で併合して行われることになります。
寄与分を定める超知恵が不成立となったときは、寄与分を定める審判の申立てがあったものとみなされます。

3 審判

寄与分について協議により決めることができないときは、家庭裁判所に対し審判の申立てをすることができます。
遺産分割と寄与分について審理が行われるときは、併合して審理をしなければならないとされています。

法律に関するお悩みやトラブル解決は、プロにご相談を

tel_num

平日 9時30分~17時30分受付

メールフォームはこちら