遺産分割の方法と手続

1 遺産分割とは

遺産分割とは、遺産について、個々の相続財産の権利者を確定させる手続をいいます。

2 遺言の分割の手続の種類

遺産分割の手続には、①遺言により分割の方法を指定する分割、②相続人間の協議による分割、③調停による分割、④審判による分割の4種類があります。

3 遺言による分割

被相続人は、遺言で遺産の分割方法(どの財産を誰にあげるか等)を定めることができます。
また、被相続人は、遺言で、遺産の分割方法を第三者に委託することもできます。

4 協議分割

相続人同士の話合いにより、全員の合意により遺産を分割することができます。
口頭で合意しても有効ですが、遺産分割協議書を作成することが望ましいといえます。

5 遺産分割調停

相続人同士で合意することができないときは、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てることができます。
調停では、相続人同士が調停委員を通じて協議し、当事者が合意に達して調停調書が作成されると調停成立となります。
一方、合意が成立する見込みがないときは、調停は不成立となります。

6 審判分割

遺産分割の合意ができないときは、家庭裁判所に遺産分割の審判を申し立てることができます。
ただし、調停を行うことなく審判を申し立てても、調停に付されるのが一般的です。
また、調停が不成立で終了した場合には、調停の申立てのときに審判の申立てがあったものとみなされ、審判手続きが開始されます。
審判においては、裁判所が遺産分割について判断を行うこととなります。

法律に関するお悩みやトラブル解決は、プロにご相談を

tel_num

平日 9時30分~17時30分受付

メールフォームはこちら