相続人の廃除

相続人の廃除とは、遺留分を有する推定相続人(配偶者、子、直系尊属)が、被相続人に対して虐待をし、若しくは重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときに、相続人の相続資格を奪う制度です。

廃除の方法

廃除の方法には、①生前廃除と、②遺言廃除があります。

①生前廃除

被相続人が家庭裁判所に審判を申し立てます。

家庭裁判所は、相続人の改心等の諸般事情を総合的に考慮し、排除事由に該当する事実の有無を審理し、廃除の審判が確定すると対象者は相続資格を喪失することになります。

②遺言廃除

遺言執行者が家庭裁判所に廃除の審判の申立てを行います。

廃除の取消し

被相続人は、いつでも廃除の取消しを家庭裁判所に請求できるとされており、遺言により取消を求めることもできます。