健康保険

健康保険の被保険者が亡くなると、健康保険証は亡くなられた翌日から使えなくなります。

健康保険の資格喪失の手続をし、健康保険証を返却する手続が必要となります。

健康保険の資格喪失の手続について解説していきます。

関連するページ

死亡届の提出方法を知りたい

世帯主が亡くなったときの世帯主変更届とは?

健康保険の種類

健康保険には、国民健康保険、後期高齢者医療制度,健康保険、共済組合があります。

国民健康保険

国民健康保険は、自営業をされている方などが加入しています。

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度は、75歳以上(一定の障害がある場合は65歳以上)の方が加入しています。

健康保険

会社員などが加入しています。

共済組合

公務員などが加入しています。

国民健康保険

国民健康保険の資格喪失手続の流れを説明します。

提出するもの

以下のものを提出します。

  1. 国民健康保険資格喪失届
  2. 国民健康保険被保険者証(保険証)
  3. 死亡を証明する書類

提出先

亡くなられた方の住んでいた市区町村役場の窓口に提出します。

家族の保険証

世帯主と他の家族が国民健康保険に加入していて、世帯主が亡くなった場合には、世帯主を変更する手続が必要となります。

家族の保険証も返却し、世帯主を変更し、新しい保険証の交付申請を行うという流れになります。

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度の資格喪失の手続を説明します。

提出するもの

以下のものを提出します。

  1. 後期高齢者医療被保険者証
  2. 後期高齢者医療被保険者証
  3. 死亡を証明する書類

必要書類が異なる場合もありますので、詳しくは担当窓口に問い合わせ下さい。

提出先

亡くなられた方の住んでいた市区町村役場の窓口に提出します。

健康保険・共済組合

健康保険、共済組合では、勤務先の会社、組織が手続を行いますので、説明にしたがって書類等を提出することになります。

提出するもの

勤務先に、亡くなられたことがわかる書類、健康保険証等を提出します。

また、死亡により職場を退職したことになりますので、その他に会社から提出を求められる書類もあります。

家族の保険証

家族が亡くなられた方の扶養に入っているときは、家族の健康保険証も返却する必要があります。

保険証を返却した家族は、他の家族の扶養に入るか、国民健康保険に加入することになります。